実は、冷え性と食生活はとても関係が深いのです。摂取し続けていると冷え性を悪化させてしまう食べ物もあるので、今回は少し紹介したいと思います。冷え性でお悩みの方は、避けた方が良い食べ物がいくつかあります。このように、避けた方が良い食べ物のことを「陰性の食べ物」と呼びます。陰性の食べ物とは、体を冷やしてしまうだけでなく、ドロドロの血液を作り出してしまい、冷え性の最大の症状である血行不良を起こしてしまうのです。主な陰性の食べ物としては、脂肪分の多いスナック菓子やファーストフード、チョコレートやお砂糖なども陰性の食べ物にあてはまります。他に、大豆やコーヒーなども避けた方が良いでしょう。サラダなどの生野菜も体を冷やしてしまうので、生野菜ではなく温野菜にしたり煮物にしたりと、加熱調理をしてから食べるように工夫をして下さい。冷え性の方は避けた方が良い食べ物というだけで、決して陰性の食べ物が体に悪い訳ではないのでこれは覚えておいて下さい。陰性の食べ物は元々暖かい地方で収穫される野菜であったり、夏に収穫される茄子などのことを言います。体を冷やしてしまう食べ物として陰性の食べ物をあげましたが、逆に冷え性を改善するために食べた方が良い食べ物のことを「陽性の食べ物」と言います。陽性の食べ物の代表は、玉ねぎやにんにく・こんぶやひじきなどがあげられます。陰性の食べ物を絶対に食べてはいけないという意味ではなく、冷え性を改善させるために、偏った食生活を改善する方法を一度考えてみて下さい。